Menu

石野モータースポーツクラブ紹介

Home

IMSC FIA-F4/VITA

  IMSCでは所有しているFIA-F4/VITA車両の体験乗車を行っております。


FIA-F4

注目のエントリーフォーミュラ“世界基準”。それがFIA-F4

世界自動車連盟(FIA)がF3に繋がる新たなエントリーフォーミュラカテゴリーとして提唱、2014年に先陣を切ったイタリアシリーズを皮切りに、世界各国でシリーズが開催されるようになったFIA-F4シリーズ。次世代のモータースポーツを背負う若いドライバーたちが腕を競い合い、切磋琢磨するこのFIA-F4。日本では、2015年からSUPER GTシリーズのサポートイベントとしてスタートし、初年度から毎年熱い戦いが展開され人気を集めている。

JAF地方選手権として創設されたFIA-F4選手権は、前述したように国内屈指の人気レースシリーズであるSUPER GTの国内大会に帯同する形で、全国各地のサーキットを舞台とした全7大会14戦(1大会2レース制)でのシリーズ開催が基本となっている。

毎シーズン、将来のトップドライバーを目指す若手による群雄割拠が展開されるFIA-F4選手権では、初年度の2015年には坪井翔、牧野任祐、大津弘樹、山田真之亮らが、翌2016年には宮田莉朋、阪口晴南、川端伸太朗らが、そして2017年には連覇を達成した宮田莉朋を筆頭に笹原右京、大湯都史樹、角田裕毅、河野駿佑らが激戦を展開し、それぞれ全日本F3選手権やSUPER GTへとステップアップを果たした。このように創設以来、次々と若き才能たちを輩出し続けるFIA-F4選手権シリーズは、今後も「モータースポーツの甲子園」としての役割を担っていくこととなる。

VITA

鈴鹿フルコースでのレースもある”VITA”

2012年より鈴鹿クラブマンレースでの名称を新たに変更し開催。VITAのワンメイククラス。 クラブマンシリーズで最も多くの参加台数が集まる人気カテゴリー。

車両仕様

FIA-F4 VITA
全長/全幅/全高 4234/1687/990mm 3712/1600/1070mm
ホイールベース 2650mm 2200mm
トレッド(F/R) 1422/1388mm 1390/1440mm
総重量 483kg~
モノコック JMIA CFRP モノコック UOVA 4
シャーシ セミモノコック+スペースフレーム
ブレーキ F4専用4ピストンアルミキャリパー&ローター 前後バランス調整式 全輪4PODアルミキャリパー&全輪ベンチレーテッドディスクローター
サスペンション(前/後) ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド+ロッカーアーム
タイヤ アドバン A005(ドライ)/A006C(ウェット)
ホイール(前/後) 13-8.5(9.0)J/13-10.5J
ダンパー 戸田レーシング Fightex (減衰力調整式)
搭載可能エンジン F4用 2000ccエンジン Vitz RS
ギヤボックス ヒューランド社製 5速シーケンシャルトランスミッション Vita RS 5SPEED

IMSC FIA-F4/VITA 体験乗車

IMSC FIA-F4/VITA 体験乗車

IMSCでは所有しているFIA-F4/VITA車両の体験乗車を行っております。
※詳しくはお問合せ下さい。